読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Travel_Photo

一眼レフカメラ素人の成長記録 &一人旅のブログです

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR 購入しました。

レンズ レビュー AF-S NIKKOR 24-70㎜ f/2.8E

皆さんこんにちは。ハル吉です。前回の続きです。

 

20mm f/1.8Gと一緒に購入したのは、

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR です。

f:id:hariblo:20161001175720j:plain

標準域のズームレンズでF値2.8通し、通称大三元レンズです。ハル吉もとうとう買ってしまいました。

 

ニコンHPでは、

VR機構を搭載し、NIKKOR初のED非球面レンズを採用。極限の画質を追求した高性能大口径標準ズームレンズ
開放F値が2.8で一定のVR機構搭載の標準ズームレンズ。NIKKOR初のED非球面レンズをはじめ、EDレンズ、非球面レンズ、高屈折率(HRI)レンズ、ナノクリスタルコートを採用し高い光学性能を実現。一段と向上した解像力と自然でやわらかいボケ味が得られます。手ブレ補正効果4.0段※(CIPA規格準拠)を持つだけではなく、カメラ電源オン直後のVR性能をさらに高めたVR機構を搭載。AFスピードとAF精度も向上し、より素早く正確なピント合わせを可能にしています。また、電磁絞り機構の搭載による安定したAEが、高速連続撮影をサポート。メンテナンス性の高いニコン独自のフッ素コートをレンズの最前面と最後面に採用しました。操作性とホールディング性に優れたレンズ鏡筒デザインで、プロフェッショナルの要求に応える高い堅牢性と耐久性、耐衝撃性も備えています。

 

型式 ニコンFマウントCPU内蔵Eタイプ、AF-Sレンズ
焦点距離 24mm-70mm
最大口径比 1:2.8
レンズ構成 16群20枚(EDレンズ2枚、ED非球面レンズ1枚、非球面レンズ3枚、高屈折率レンズ1枚、ナノクリスタルコートあり、フッ素コートあり)
画角 84°-34°20′(FXフォーマットデジタル一眼レフカメラ
61°-22°50′(DXフォーマットデジタル一眼レフカメラ
焦点距離目盛 24、28、35、50、70mm
撮影距離情報 カメラへの撮影距離情報を出力可能
ズーミング ズームリングによる回転式
ピント合わせ IF(ニコン内焦)方式、超音波モーターによるオートフォーカス、マニュアルフォーカス可能
手ブレ補正 ボイスコイルモーター(VCM)によるレンズシフト方式
手ブレ補正効果:4.0段※(CIPA規格準拠)
VRモード:NORMAL/ACTIVE
三脚使用時ブレ補正:有り
撮影距離目盛 ∞~0.38m
最短撮影距離 0.41m(焦点距離24mm、28mm、70mm)、0.38m(焦点距離35mm-50mm)
最大撮影倍率 0.28倍
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
絞り方式 電磁絞りによる自動絞り
最大絞り f/2.8
最小絞り f/22
測光方式 開放測光
アタッチメントサイズ(フィルターサイズ) 82mm(P=0.75mm)
マウントアダプターFT1適否 AF駆動可
寸法 約88.0mm(最大径)×154.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量 約1070g
付属品 ・82mmスプリング式レンズキャップ LC-82
・裏ぶた LF-4
バヨネットフード HB-74
・レンズケース CL-M3

 

 とにかく凄いレンズだということがヒシヒシと伝わってきます。

 

外観をじっくり観察

f:id:hariblo:20161001175738j:plain

レンズポーチではなくちゃんとしたレンズケースが付属しています。 

 

f:id:hariblo:20161002090528j:plain

初『MADE IN JAPAN』レンズです。( レンズフードも日本製でした。)

 

このレンズはズーム時に伸び縮みするのですが、フードの中で伸び縮みするので他のズームレンズみたいに格好悪くないです。 

f:id:hariblo:20161001174159j:plain

一番縮んでいる所(焦点距離では50mm辺り)

 

f:id:hariblo:20161001174217j:plain

一番伸びている所(焦点距離では24mm)24mmが一番長いのもちょっと不思議です。

 

AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G との比較

・24-120mm f/4 ワイド端時の比較

f:id:hariblo:20161001174947j:plain

 

 ・24-120mm f/4 テレ端時の比較

f:id:hariblo:20161001175127j:plain

テレ端時とほぼ同じ位かなぁ。ただ、24-120mmのテレ端時は少し不格好ですね。

 

D750に装着

f:id:hariblo:20161002090253j:plain

 

f:id:hariblo:20161002091032j:plain

 

 D750+MB-D16に装着

f:id:hariblo:20161002085915j:plain

 

f:id:hariblo:20161002091208j:plain

カメラを知らない一般人からみたら確実にウワァ!と引くレベルです…

 

AFについて

よく巷ではこのレンズはAFが爆速と言われていますが、本当に早いです!ストレスなくピントが合ってくれます。

ただ、ハル吉はヨドバシカメラで触れたサンニッパ、ヨンニッパのAFの速さの衝撃が凄すぎて、そこまで感動はありませんでした…。

言葉にすると、24-70mmは『スッ!』サンニッパ・ヨンニッパは『ズキュン!!!』くらいです。

  

持った感想

ズッシリと思いです。これを1日中首から下げて持ち歩くにはちょっと大変ではないかと思います。ただ、今まで公共機関を利用した1人旅に行く時でも、全てのレンズ(24-120mm、35mm、50mm、85mm)を持って行っていました。今後は24-70mmと20mmの2本で行けるようになると思うと結果的に身軽になるので良いと思います。( 追加で85mmは持って行くかもしれませんが…)

 

近々、このレンズと20mmf/1.8Gの撮影レビューと

24-120mmとの比較レビューを行いたいと思います。