読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Travel_Photo

一眼レフカメラ素人の成長記録 &一人旅のブログです

画像編集が出来ない…

みなさんこんにちは。ハル吉です。

今回は、Nikon純正の画像編集ソフトで画像編集できないトラブルが発生し、苦労のすえ解決したので、同じような症状で困った人に役に立てばと思い書いていこうと思います。

ハル吉は画像編集ソフト3種類を使用しています。『ViewNX2』がメインで『ViewNX-i』と『capture NX-D』はインストールしたけどいまいち使い勝手が悪くて使っていません。

 

D750の保証期間が11月3日と迫ってきたので、旅行ついでに梅田のニコンサービスセンターでセンサークリーニングを無料でやってもらいました。その際にフォームウェアバージョンアップも一緒にしてもらいました。

その後京都で少し早いですが紅葉の撮影に行きました。ウキウキで帰って『ViewNX2』で現像しようとすると…

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8Eで撮影した写真のみ

『画像に使用されているゆがみ補正対応レンズのプロファイルが見つからないためRAW表示や画像編集が出来ません』

と警告が出て、編集作業が全くできません…

他のソフトならと思い試しましたが『ViewNX-i』は同じ警告が出て『capture NX-D』は問題なく使用できました。

ただ、『capture NX-D』はシャドー・コントラスト…など一般的な操作が出来ません。トーンカーブでやろうと思えばできますがトーンカーブ自体が上級者過ぎてハル吉には無理です。

 

また、他のレンズで撮影した写真は問題なく編集できるし、フォームウェアバージョンアップする以前の24-70mmで撮影した写真も編集できます。24-70mmで撮影自体は何の異常もなく問題なくできます。

 

もうこれは、フォームウェアバージョンアップが原因でしかない!としか考えられません。

で、Nikonにメールで問い合わせを行ったところ、編集ソフトの24-70mmのレンズプロファイル『NKLD02.lns』のデータが古いまま更新されていない可能性があるとのこと。

 

なので、画像編集ソフト全てをアンインストールし『ViewNX-i』と『capture NX-D』を再インストールしてみました。『ViewNX2』はこの2個のソフトをインストールする際に強制的にアンインストールされるので後からインストールします。

 

再インストール後に『ViewNX-i』を立ち上げ問題の写真を確認すると…

画像編集ができる!!!!

やっぱり『NKLD02.lns』のデータが古かったみたいでした。

 

気を良くして、『ViewNX2』を再インストールし画像編集しようとしたら、

『画像に使用されているゆがみ補正対応レンズのプロファイルが見つからないためRAW表示や画像編集が出来ません』

とまた同じ警告が出て、『ViewNX-i』でも同じ警告が出だしました…。

こんなこともあろうかとデスクトップにコピーしていた『NKLD02.lns』を上書きしてみたところ『ViewNX2』『ViewNX-i』ともに画像編集できるようになりました。

原因は『ViewNX-i』をインストールしたときに『NKLD02.lns』も古いデータに書き換えられていたみたいでした。

もう1台の『ViewNX2』だけ入っているパソコンも同じ症状だったので『NKLD02.lns』を上書きしたら使えるようになりました。

 

もうLightroom(毎月課金がキツいのでやりたくないだけです。)にしないとダメなのかと少し頭をよぎりましたが、これで今まで通り画像編集できるようになってホッとしています。

ただ、『ViewNX2』は対応終了したソフトなので今後新しいレンズを購入した際には同じ警告が出る可能性があります。使いにくいですが後継ソフトである『ViewNX-i』になれるようにしようと思いました。

 

今回のやり方は推奨された方法ではないので同じことをする際は自己責任でお願いします。